スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

マリーロータス

マリーロータスは、NLPラーニング社と共催で福岡にてNLP資格認定コースを開催してきた会社です。代表の私(尉川太尊)の元職業は異色の警察官。12年間、第一線の警察官として勤務してきましたが、一念発起して2005年に独立。このマリーロータスを立ち上げました。



NLPとの最初の出会いは、菊池龍全トレーナー。その後、都内や大阪を中心にNLPやマインドマップのセミナーを開催する中で、NLPの魅力にどんどん引き込まれていき、「NLPは人の可能性を開く最高のツールだ」と実感。



さらに、菊池龍全トレーナーからご紹介を受け、NLPラーニング代表の山崎啓支トレーナーと出会いが繋がりました。そして、2005年から福岡市内にて米国NLP勉強会協会認定の資格認定コースを開催することとなり、現在までプラクティショナーコースを合計7回、マスタープラクティショナーコースを合計3回、開催し現在に至ります。



他のNLP団体との大きな違いは、「セミナープロモーターである尉川太尊が間に入っている」ということです。このことは、マリーロータスで受講された方々が口々におっしゃっていただく大きなメリットです。




「講師には直接には言いづらいことでも、尉川さんだから言えた」



「いつも席の後ろから観ていて下さっているので安心感があった」



そのようにおっしゃっていただきます。私も、出来る限り全日程参加させていただき、ご受講生の方々とご一緒にNLP勉強会を初心から学ぶことを心がけております。



私がこの5年間で最も大切にしてきたことは、シンプルなことです。それは、「立場的に弱い方々がいらっしゃるとすれば、その方々に合わせていこう」ということでした。



「どうもNLPの用語はカタカナが多くてついていけない」


「どうもワークが苦手だ」


「あまり馴染めないかも?」



もし、そのような方々がいらっしゃれば、その方々に合わせてペースを落として内容を噛み砕いて講義していただくようNLPトレーナーにお伝えしてきました。リーダーに合わせて講義を進めることも可能なのですが、マリーロータスでは、そうはしたくありませんでした。



その結果、私達のNLPコースを修了して下さった方々のNLPに対する理解は、特筆するに値するものだと思っております。マリーロータスのNLP資格コースを修了いただければ、もちろん資格をお渡しすることが可能です。修了式にてお一人お一人に修了書をお渡ししてきました。



ですが、マリーロータスでは、資格認定書が大事なのではないと心底思っております。本当にご受講生がNLPについてご理解をいただけることが一番重要なことであると思ってコースを主催しております。



他団体でも素晴らしいトレーナーの方々がたくさんいらっしゃいますが、その中でもマリーロータスがNLPラーニングと共催させていただいている大きな理由が、この開講以来貫いてきた「こだわり」にあるのです。


マリーロータスでは、毎週2回、代表であります私が「NLPガイダンス」を開催しております。1対1または1対2程度の少人数でのガイダンスです。NLPにまつわるさまざまな話をフランクな雰囲気の中で行っております。ぜひ、ご参加をいただきましたら幸いです。


マリーロータスは、あなたの人生のコンシェルジュでありたいと思っています。それが、マリーロータスの存在意義です。


マリーロータス公式ウェブサイト

at 18:44, マリーロータス&オール・マイ・プレジャー, NLP資格認定コース

comments(0), trackbacks(0), - -